まれに虫を採ります。

ギンヒゲナガ

ギンヒゲナガ

9月にも入ってもう遅いかと思ったが辛うじて1♂を見ることができた。

 

この後、おそらく鳥取初記録のノメイガが採れたり、ナイター中に耳にモンシロヒラタキバガが入って取れなくなって救急外来に行くなどした。かなりトラウマになったのでこれからナイターの際は耳を防御するようにします...

 

2018年9月、鳥取県

| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アカシャチホコ

 

橙赤色のグラデーションが美しいシャチホコガ。全国的に少ない種らしいが、らくだ県ではホストであるマンサクが多いためか本種も普遍的に見られる。ウラクロシジミ然り、ウンモンシロノメイガ然り、マンサク食いは良い虫揃いな気がする。

 

2018年9月、鳥取県

| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
オオフトヒゲクサカゲロウ

 

ちんちんぴんぴんのクサカゲロウ。体は鮮烈なレモンイエローで、翅は光を反射して青く輝き、きわめて美麗。

らくだ県では少ないながらも各地で見られるが、灯火以外で見つけるのは無理ゲー。

 

2018年8月、鳥取県

| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Arctia caja

ヒトリガと呼べば科名になるし、タダヒトリと呼ぶのも味気ない。やはり種小名のcajaと呼ぶのが一番だと思う。

8月にもかかわらず気温が10℃を下回った夜に飛来した数頭のうちの1頭。この前日は更に酷くて、点灯して一時間経過しても1匹の虫も飛来せず鬱病になるなどした。

 

2018年8月、群馬県

| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ベニヒカゲ舞う高原で

2018年8月、新潟県。

なんだかやる気のない写真を量産してしまったけどいい蝶だとおもいます。

 

 

その辺に生えていたゴマナ?の花を食べていたキクセダカモクメの幼虫。

キク科植物はなんもわからん。

 

 

ヤマハハコに訪花していたショウブヨトウsp.

近くではヤナギランにビカビカのヒメモクメヨトウが訪花してたけど採るのを優先したため写真はありません(ワラ

| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery