まれに虫を採ります。

Catocala2種

 

 

オオシロシタバとシロシタバ。

この夜は止むことのない雨のなか霧交じりの風が吹き付ける悪天候ながら無数のCatocalaが飛来した。

久しぶりに見る fraxini の姿もあったが止まらなかったので写真は撮れず。

 

2018年8月、長野県

| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ヨモギキリガ

ヨモギキリガ

ヨモギキリガ Orthosia ella (Butler, 1878)

20180315 鳥取県鳥取市

 

深夜の実験を終え車に戻ると運転席のドアに止まっているのを見つけた。遠目にはカバキリガに見えたが白い後翅がちらっと見えてヨモギキリガやんけ!wってなった。初採集。しかしほんとにしょうもないとこにいるんですね。

 

てか、これを採ってから何の虫も採らないままひと月が経過してしまった。今年の春は駆け足すぎてもはや季節を追うのを諦めてしまうレベル(ワラ

| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
擬態
 しばらく放置してましたがぼちぼち更新していこうと思います。

今回から学名も書く事にしました。だって学名書いたほうが
“それっぽい”じゃんww


ホソバハガタヨトウ Meganephria funesta (Leech, [1889])

11月21日撮影。完全にアスファルトに“擬態”していた(笑)
島根ではこの時期たくさん見ていたが、鳥取では初めて。
ケヤキ食いなので山奥よりも低地のケヤキ並木がある場所なんかでよく見ます。


ミドリハガタヨトウ Meganephria extensa (Butler, 1879)

12月4日撮影。こちらもケヤキ食いなのでホソバハガタヨトウと同じような場所にいる。
これまた苔の生えた手すりに見事に
“擬態”していたけど、おまえら絶対場所選んで止まってるだろww

以上、人工物擬態の蛾2種でした(笑)
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
テングアツバ

 雪と寒さが一段落した12月15日、自転車を漕いでいると周辺視野に変な形の落ち葉が・・・いや、落ち葉じゃない・・・!!


テングアツバ
非常に特徴的なルックスの蛾で、見るのは2度目。
島根ではレッドデータ掲載種だが、鳥取では記録があるのか不明…。


横から。とても平べったく、まさに枯れ葉。。
これを自転車で走りながら見つけられたのは我ながらすごいと思った(笑)


正面顔。やっぱり異型。。



同じ日に、チョウセンカマキリもまだいた。これも自転車漕ぎながら発見...w
しかし積雪10センチ以上が続いた後にもまだ生き残っているとは(゚д゚)
遅い記録として標本にしようとすると、中からハリガネムシを発見・・・!
なるほど、それで遅くまで生き残ってたのかな。

| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery