まれに虫を採ります。

氷ノ山 2014.8.18
対馬から帰ってきました。かなりの成果を上げることができましたが、まずは鳥取での採集記から書いていこうと思います。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
8/18は、今年8度目となる氷ノ山に行ってました。

テスト→実習→地獄のバイト連勤で全く採集に行けず、負のオーラは最高潮になっているはずなのできっと良い虫が採れるはず...w


着いたらまずは叩き出しでベニシタバが狙えるポイントに。
法面の上に生えるヤナギに集まってるみたいで、シーズン中の遭遇率は今のところ100%(!)

今回も1頭が飛び出すが、ものすごい速さで飛んでいってあえなくロスト・・・
ベニシタバが必ずいる≠必ず採れる なのです(´・ω・`)


その後はスキー場付近で、氷ノ山にいてもおかしくないと聞くゴマシジミを探すも、全く見つからず。(そもそもワレモコウすら生えてない...)

ゴマシジミがいないので草むらでしばし直翅を採集。



ヒョウノセンヒメギス♂ Eobiana sp.

わんさかいるので今までスルーしてたけど、氷ノ山固有種(大山にもいるらしい)ということで確保。

氷ノ山のヒメギスは全部ヒョウノセンヒメギスかと言えばそういう訳でもなく、普通のヒメギスもいるので注意が必要です。




上が普通のヒメギスで、下がヒョウノセンヒメギス。
ヒメギスでは翅端がやや尖るが、ヒョウノセンヒメギスでは翅端は丸いことで区別できます。


ヒョウノセンフキバッタ Parapodisma hyonosensis hyonosensis

こちらも数の多い普通種だけど、氷ノ山周辺にしかいないのでしっかり確保。

これで、ヒョウノセンクチキウマと併せて、名前に「氷ノ山」を冠した直翅をコンプリートすることができた(`・ω・´)b


直翅を採りつつ林道に向かっていると、道端のウツギに何やら派手なカミキリが飛んできて葉裏に止まった。この時期にウツギに来る派手なカミキリ????
絶対に逃せない!と思い、慎重にかつ素早く網を振る。


イッシキキモンカミキリ♀ Glenea centroguttata Fairmaire,1897

まさかのイッシキキモンでした。しかも初めてのメス。
♂よりも一回り大きく重量感があってすばらしい・・・

ウツギに来るという話は聞いたことないなぁと思っていたら、近くに食痕のついたクワがあったので、そこから飛んできたみたい。



アサマイチモンジ Limenitis glorifica Fruhstorfer, 1909

道路で吸水していたのを採集。完品なので二化目かな。
一般にイチモンジチョウよりも少ないとされるが、個人的な遭遇頻度は割と変わらない気がする。。


いつもの林道には11:30に到着。
ここからが今日のメインイベントとも言うべきヨコヤマヒゲナガカミキリとクロホソコバネカミキリの探索です。




とその前にいい感じに咲いているリョウブがあったので掬ってみる。



ムネアカマルカッコウムシ Allochotes dichrous (Lewis, 1891)

ハムシチックな色彩で最初は何の仲間か分からなかった。
割と好きです、カッコウムシ。



エグリトラカミキリ Chlorophorus japonicus (Chevrolat, 1863)

時期的にクロトラかと思ったけど、どう見てもエグリトラですね...。
入ったカミキリはこの1頭だけだった。


今年は花掬いをしてもどうにもめぼしい虫が入らない...。
不作の年なのかなぁ。


リョウブにはさっさと見切りをつけて、立ち枯れと樹洞のチェックに入る。

斜面徘徊を開始してすぐに、滑って石に膝を強打・・・
痛くてしばらく起き上がれなかった...。

その後は若干痛む右膝をいたわりつつ探索を続けるが、何の成果も得られないまま時間だけが過ぎていく・・・



ヨコヤマは今回も辛うじて脱出口をひとつ見つけたのみ。
予想以上の難敵だ...orz

クロホソコバネカミキリを狙って立ち枯れも見ていくと、初めてのエゾシロシタバが止まっているのを発見。
下から慎重に網を近づけてネットインするも、網の隙間から逃げられるという失態を冒し、テンションは最低に・・・

もちろんネキも一向に見つかりません。


そういうわけで折り返し地点のクワまで来てしまう。



見づらいけど、前回よりも食痕が多くなってる。



イッシキキモンカミキリ♂ Glenea centroguttata Fairmaire,1897

食痕の主もしっかりいてくれた。この後さらに2♂を追加できた。
いつも今回こそは生態写真を!と思うんだけど、毎回採集欲のほうが勝ってしまう...w

この後雨が降り出したので退散することに...。予報では晴れって言ってたのに...。


帰り道、林道にできた水溜まりに来ていたヤンマを採集。



ルリボシヤンマ♀ Aeschna juncea (Linnaeus, 1758)

ルリボシヤンマじゃん!
近所の池でヤンマ採りに明け暮れていた子供時代の憧れであった。。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
狙いの虫は空振りで、イッシキキモンとルリボシヤンマを除けばボウズと言っていい成果でした・・・
負のオーラ全開で採集していたはずなんだけどなぁ・・・
| comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << 8月の灯下 いざ対馬へ >>
Comment
チッチゼミのような声で鳴くというヒョウノセンヒメギス。氷ノ山のスキー場では、どこにでもいるのですか?
Posted by: 多摩川のカワセミ |at: 2018/08/26 8:26 PM
多摩川のカワセミさん
ヒョウノセンヒメギスは氷ノ山なら林縁のちょっとした草むらからスキー場の草原まで普遍的に見られます。鳴き声については意識したことがなかったのでこれから気を付けてみたいと思います。
Posted by: モス屋 |at: 2018/08/27 12:01 AM








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery