ノメイガとヒゲナガガ

8月の灯下
 8月ともなると、近場の灯下は「夏枯れ」の様相になり蛾は少なくなりますが、それでもいくつか目新しいものが飛来しました。



クロスズメ Sphinx caliginea caliginea (Butler, 1877)
(8月5日)

ここの灯下では初めて。
胸部が盛大に剥げているのが残念...。



カクモンキシタバ Chrysorithrum amatum (Bremer & Grey, 1853)
(8月13日)

これも近場では初めて。というか見るのは二度目・・
普通種って言われているんですがねぇ?
Catocalaではないけど後翅は黄色で、前翅の模様もハッキリしてるのでポイント高いです。



ナカキノメイガ Sameodes aptalis usitatus Butler, 1879
(8月13日)

標準図鑑では“少ない”とされているが、ここでは8月に割かし見られる。



ツマアカキヨトウ Mythimna inornata (Leech, [1889])
(8月22日)

これも少ないようで初見。
縁毛がピンク色で可愛らしいがこの写真ではよく分からない(´・ω・`)



スゲオオドクガ♂ Laelia gigantea Butler, 1885
(8月22日)

これもここでは初めて。
触角がウサギみたいでかわいい。


9月に入り涼しくなると、二週間ほどの間ですが蛾の発生の「第二のピーク」が来ます。期間が短いので逃さないようにしたいところですが、石垣遠征と重なりそうな予感が。。。

| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << 対馬遠征記(1日目) 氷ノ山 2014.8.18 >>
Comment








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery