ノメイガとヒゲナガガ

灯火巡り2012.6.12

 雨が上がって蒸し蒸しした絶好の条件だったので出撃。
いくつかいいものが採れました。


オナガミズアオ
とまりかたがオオミズアオと違っているので近づくとオナガミズアオ!
初見です


触角が黄緑色、翅の前縁が白色、間違いないっすね


ハイイロキシタヤガ
前翅だけでもきれいですが、後翅も鮮やかな黄色です。


初見のヒメエグリアツバ
小さいですが凝ったデザイン・色彩です。


ヤツボシシロカミキリ

妖精のようなカミキリ


ナガフトヒゲナガゾウムシ
図鑑によれば稀な種類らしいが、ほかに該当種がいません・・・
 

| comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << 灯火巡り2012.6.14 シロシタホタルガ羽化 >>
Comment
貴ブログのタカサゴシロカミキリの写真、ヤツボシシロカミキリではないかと思いました。
今ヤツボシシロの分布について調べている松江出身の老爺です。採集場所をご教示願います。
Posted by: 小西 |at: 2019/06/24 8:31 PM
小西 様
返信遅くなりすみません。仰る通りヤツボシシロですね、訂正しておきました。採集場所は鳥取県鳥取市です。未発表ですが鳥取市ではこれ以外にも数個体が採集されています。
Posted by: モス屋 |at: 2019/06/27 11:19 PM
返信ありがとうございました。
私も「バラの妖精」と呼んでます。
兵庫の虫誌「きべりはむし」の報文に分布概念図を載せていますが、次は広島、鳥取を追加したいと思います。
Posted by: 小西 |at: 2019/06/28 12:36 PM
小西 様
きべりはむしの報文、見させていただきました。鳥取の採集地は標高30mしかないのですが、確かにナナカマドは生えていました。鳥取は山の虫が平地で採れることがちょくちょくあるのですが、本種もその一例かなと思いました。
また何かありましたらご連絡ください。
Posted by: モス屋 |at: 2019/06/30 12:00 AM
早速拙文をお読みいただき、ありがとうございます。
今年は扇山周辺のナナカマドを掬ってみたいと考えていたので、鳥取市とはてっきりその辺りと思っていたのですが、標高30mとは驚きです。
また謎が深まりました。
Posted by: 小西 |at: 2019/06/30 8:23 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2019/07/10 11:11 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Posted by: - |at: 2019/07/27 3:06 PM








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery