まれに虫を採ります。

念願の
2月25日、念願だった蛾を採集に倉吉まで出向きました。


フチグロトゲエダシャク♂
フチグロトゲエダシャク Nyssiodes lefuarius

成虫は早春の晴れて気温の高い日中に河川敷を飛び回る。
櫛状の大きな触角、絶妙な配色、フサフサの体と、蛾屋の心をくすぐるフェチポイントを押さえまくっているw これに何年憧れてきただろうか・・・

この日は天気も良く、2時間ほどで7♂を採集できたが、逃げられたのも含めると20頭以上はいたと思う。枯れ草を背景に飛ばれると全く姿が見えず、飛翔も速くかつ不規則なため採集しにくいことこの上なかった。



生息環境。見て分かるように本当に何の変哲もない河川敷です。
草丈は20〜30cmくらいしかなく、かなり頻繁に草刈りが行われているみたい。
こんなとこにいるなら、もっとどこにでもいてもおかしくないのになぁ・・・


というわけで、ひさびさに満足のいく採集となりました。
案内していただいたT先生、本当にありがとうございました。
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << マイコガ科の日本未記録種 記事一覧(2014) >>
Comment








Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery