鳥取県在住のへなちょこ虫屋のブログ。

ミクロレピ展翅板の作りかた
今回は僕が遠征に持って行っている自作のミクロレピ展翅板の作り方を紹介します。案外需要がありそうなので。
これからミクロレピの展翅もやってみようという方の参考になればと思います。

用意する物は、
  • 書類ケース..........百均で売っているやつ。サイズはB5が丁度良いかと思います。
  • 発泡スチレンボード..........厚さ5mmくらいの発泡スチレンに白い紙が貼ってある代物。ホームセンターで売ってます。
  • ペフ板..........六本脚などで売ってます。
  • 木板..........幅30mm,厚さ5mmくらいが良い。
  • カッター
  • 木工用ボンド

書類ケース


発泡スチレンボード


それでは作っていきます。写真が見づらいかと思いますがご容赦を。



木板を書類ケースの大きさに合わせて切断します。今回はB5サイズなので257mm程度。



切断した木板に合わせてペフ板を切って木工用ボンドで貼り付けます。このとき、ペフ板を木板より短く(2cmくらい)切り、木板の両端を1cmくらい空けておくのがポイントです。



発泡スチレンボードを同一幅で切ったものを二本、真ん中が溝になるようにペフ板に貼り付けます。発泡スチレンボードの幅は好みの溝幅になるよう調節してください(展翅板の幅3cmの場合、発泡スチレンボードを13mm×2個にすれば、溝幅は4mmになる)。僕は1〜4mmまでの各溝幅のものを作っています。
これで展翅板本体は完成です。



書類ケースに収納したところ。見ての通り、B5サイズなら幅3cmの展翅板が6本ピッタリ収まります。
展翅板の両端に、適当な大きさに切った発泡スチロールなどを噛ませることで、ケースがひっくり返っても展翅板を固定させることができます。

とまあ、こんな感じで完成度はお察しですが、1セット当たり数百円程度で簡単にできちゃうので是非お試しを。
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << 八重山遠征記 2015春 西表島編 春休み後半戦 >>
Comment








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery