まれに虫を採ります。

西表島遠征記2015初夏 前編
5/25〜6/3に西表島に行ってきました。
虫的にハイシーズンの八重山は初めてなので何でも楽しみなのですが、中でもターゲットは赤いRosalia瑠璃色のゴキブリ
来年のこの時期には来れない可能性大なので是非とも落としておきたいところです。

5月25日

今回も懲りずにpeachで関空から石垣まで飛ぶ。3ヶ月も前に予約していたので往復10kという奇跡的な値段に押さえることができた。石垣空港からは前回と同じくバスで港まで向かい、フェリーに乗り込む。



天気悪い...

西表に上陸したのは午後一時。とりあえず3月に目星をつけていたポイントAへ入る。



いかにも亜熱帯って感じでワクワクしてくる。
僕が来る前日までの雨で川が増水しており、長靴に水が入ってきながらも先へ進むが、幹もビショビショに濡れており、4時間ほどさまようも赤いRosaliaは影も形もなし。まあ初日から採れるなんて思ってもないけどね。

林道地面をハエのように飛んでいたハンミョウ二種が採れたくらいだった。

ヒメヤツボシハンミョウ
ヒメヤツボシハンミョウ Cylindera psilica luchuensis (Nidek,1957)


シロスジメダカハンミョウ Therates alboobliquatus iriomotensis Chujo. 2005

夜はナイター、と言いたいとこだが、発電機を発送したのがたった2日前だったのでまだ着いているはずもなく...。

そこで、僕より早く西表入りしていた、たむらまろ君とその友達のRay君と合流してナイターに寄生させてもらうことに。
ここでたむらまろ君にとんでもないものを見せられて俄然やる気になった。正体は後ほど...

ナイターのほうは蛾の飛来は少なかったものの雑甲虫やカメムシの飛来が多くて楽しかった。たむらまろ君とRay君ありがとうございました。


ナイターに来たホソバヨトウ Sasunaga longiplaga Warren, 1912
採ったときはホソヤガ亜科かと思った。



5月26日

雨の予報だったが起きてみると意外にも天気が良い。急いで昨日のポイントに向かうが既にレンタカーが二台停まっていた。時すでに遅し。ベニボシがいたとしても先を越されてる可能性が高そうなので、観光も兼ねて別のポイントに行くことに。



やってきたのはカンビレーの滝。道中の立ち枯れを片っ端からチェックしていくが不発。

ヤエヤママルヤスデ
ヤエヤママルヤスデ...

スジシロカミキリ
イシガキスジシロカミキリ Glenea lineata ryukyuensis Breuning et Ohbayashi, 1964
撮影後逃げられる。

来た道を戻っていると、昨日たむらまろ君に見せてもらった“““ヤツ”””が大木の根元付近を飛んでいるのを見つけるも、網を取り出している間に逃げられてしまう。このまま粘りたかったが帰りの船の時間もあるので泣く泣く諦めることに...。まだ一週間以上あるしチャンスはあるだろ(棒)

カンビレーの滝を後にし、発電機を取りに郵便局へ向かう。
途中の道路脇でズアカアオバトを撮ったり、ヒメスジシロカミキリの沸いてるオオハマボウを見つけたりした。

ズアカアオバト
ズアカアオバト
八重山四度目にして初めて見た。


ヒメスジシロカミキリ Glenea hamabovola Hayashi,1975
写真は後日撮影のもの。


んで、今日発電機が到着する予定だったんですが、案の定届いていない(そんな予感はしていた)。
たむらまろ君たちは今日で帰ってしまったので今夜は灯下巡りをすることに。

灯下巡りを始めて早々怪しい影が...






こ、これは......!!!!

キシタアシブトクチバ
キシタアシブトクチバ Thyas coronata (Fabricius, 1775)

キタキタキタ〜!!!!

予想以上にデカくてすばらしい...しかもド完品だし。
発電機が届かなくて灯下巡りせざるを得なくなった状況に“““圧倒的感謝”””

すっかり気を良くして灯下巡りを続ける。

サザナミクチバ
サザナミクチバ  Polydesma boarmoides Guenée, 1852
これも偶産種のよう。

ヤエヤマウスバカミキリ
ヤエヤマウスバカミキリ Megopis sinica validicornis Gressitt, 1951
本土じゃゴミ扱いだけどこっちのは嬉しい。

ひととおり巡ったところで、買っておいたオリオンビールを飲んで寝た。


5月27日

5:00に目覚める。まだ暗いのでトイレの洗面で頭を洗ってボディーシートで全身を拭いた。今回の遠征は宿をとってないのでこれがシャワー代わりです()
洗濯もトイレの洗面で済ませると雨が降ってきた...。それでも一応ベニボシのポイントまで行ってしばし仮眠。

目覚めると・・・・


晴 れ た


よっしゃ行くぜ!!...とそこへ人影が。


......はるきのこさんじゃん。はるきのこ氏はチャラい上に採集も上手いという無敵の男なので内心これはまずいと思った。彼が先行してしばらくして僕も出撃。

立ち枯れを見ながらどんどん奥へ進むがベニボシの姿はない。

三時間半ほど歩き続けて、はるきのこ氏も先行してることだし今日も採れないか...つって休憩しようとリュックを置こうとすると、目の前の下草に視線が吸い込まれていった。



















ベニボシカミキリ
ベニボシカミキリ Rosalia lesnei Boppe,1911

本当に夢かと思った...



ベニボシカミキリ

周りの環境も入れて。ド派手な虫と思ってたけど、意外にも原生林と調和した落ち着いた色合いで素晴らしすぎる...
それにしてもこの状況で“採る”より“撮る”を優先できた自分を褒めたいw

ベニボシも採れたので満足して来た道を引き返す。
僕に採れたんだからチャラきのこさんも採ってるだろって思って聞いてみると、彼は採れてないもようでむっちゃ笑顔になった。

夕飯を買いにスーパーまで車を走らせていると道路を赤い影が横切り、道路脇の枝に止まる。

リュウキュウアカショウビン

リュウキュウアカショウビン
リュウキュウアカショウビンだ!!
はちゃめちゃ美しい。そして近すぎワロタ。
こんなのがドライブしながら見れるとはさすがは西表である。

案の定今日も発電機は届いてなかったので今夜はチャラきのこさんのライトに寄生させてもらうことに。



ポイントに向かう途中にいたハコガメを連写するチャラきのこさん。ブレブレ...

オオイクビカマキリモドキ
ナイターはオオイクビカマキリモドキ Euclimacia badia Okamoto,1910 が来たくらいだった。


中編に続く
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << 西表島遠征記2015初夏 中編 八重山遠征記2015秋 後編 >>
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery