まれに虫を採ります。

ライトトラップ 2015.8.6
北海道遠征の前に一度行っておこうと、いつもの場所へナイターへ。
平地は連日の暑さですっかり夏枯れの感があるが、標高800mほどのこの地点ではまだまだ沢山の蛾が飛来した。

点灯後いきなりワタナベカレハが飛来。その後1〜2時間の間に立て続けに5♂が飛来したので、ここではこの時期わりかし見られるのかも。落ち着かず止まらなかったので写真はありません。

ヒメサザナミスズメ
ヒメサザナミスズメ Dolbina exacta Staudinger, 1892

ベニトガリアツバ
ベニトガリアツバ Naganoella timandra (Alphéraky, 1897)

ウスキモンノメイガ
ウスキモンノメイガ Pleuroptya expictalis (Christoph, 1881)
寒地性のようで、標準図鑑では中部以北に分布となっている。
合計10頭以上は飛来した。

ツマグロシロノメイガ
ツマグロシロノメイガ Polythlipta liquidalis Leech, 1889

マダラカギバ
マダラカギバ Callicilix abraxata abraxata Butler, 1885

アカネシャチホコ
アカネシャチホコ Peridea lativitta (Wileman, 1911)

ベニシタバ
ベニシタバ Catocala electa zalmunna Butler, 1877
今季初。後翅の鮮やかなピンクは何度見ても良い。

アミメオオエダシャク
アミメオオエダシャク Mesastrape fulguraria consors (Butler, 1878)

オオフトヒゲクサカゲロウ
オオフトヒゲクサカゲロウ Italochrysa nigrovenosa Kuwayama, 1970
全身黄色のちんちんぴんぴんクサカゲロウ。見るのは二度目。

シンジュサン

シンジュサン
シンジュサン Samia cynthia pryeri (Butler, 1878)
 
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << ブナ林の宝石 最果ての島へ 後編 >>
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery