まれに虫を採ります。

秋の屋久島遠征記 後編
9月25日

フルで一日動けるのも今日で最後。明日から天気が崩れるようなのでがんばっておきたいとこだが、安定の11時過ぎ起床。ごみだ...

エゾビタキ
駐車場の枯れ木の先にはエゾビタキが。秋の渡りの時期ですもんねー。

サルにビビりつつ臭豆腐を見に行くが、エンマコガネやシデムシは大量に来ているもののヤクルリセンチの姿はなし。ちょっと時期が遅いのかかける場所を間違えたのか...。

ハンミョウ
ハンミョウ Cicindela chinensis japonica Thunberg, 1781
昨日よりも綺麗に撮ることができた。

今日はポイントAの周辺でヤクコブを狙う。



これは落ちるでしょw つって叩いたけど何も落ちねえ。


屋久島の森の素晴らしさは相変わらずであった。









もっと良いカメラが欲しいと切実に思った...

林床はヤクシカの影響が強いようで下草がほとんど生えておらず、目立っていたのはキイチゴ類。ヤクコブはこの枯れ葉を後食するんじゃないかと思い立って叩いていくがやはり落ちない。というか棘のせいで叩きにくいったらありゃしない。夜にルッキングで探すことにして先へ。


ヤクザルの親子。見る分にはかわいいんだけどね。。

そうこうしているうちに日が暮れたので、昨日のメガネ美人のお姉さんの店に行くも定休日だったので、別の屋久島料理の店に入って名物の首折れ鯖を食べたけどこれがうまいのなんの。屋久島きたらこれは食べるべきだね。

HPが回復したところで今回の遠征最後の灯下巡りへ。

クルマスズメ屋久島亜種
クルマスズメ屋久島亜種 Ampelophaga rubiginosa lohita Kishida & Yano, 2001
本土の亜種よりも地色が暗く帯が不明瞭なのが特徴らしい。正直亜種にするほどの違いはないように感じる。

オオサビイロナミシャク
オオサビイロナミシャク Collix ghosha ghosha Walker, 1862
南方系のナミシャクで少し珍しかったような気がする

ネブトクワガタ♂
ネブトクワガタ Aegus laevicollis laevicollis E.Saunders, 1854
小型だけど初めて見る♂。かわいい。

アギトアリ

アギトアリ
アギトアリ Odontomachus monticola Emery, 1892
どこの灯下を見てもいたので個体数は多いもよう。


タイワンクツワムシ
タイワンクツワムシ Mecopoda elongata (Linnaeus, 1758)

コブナナフシ
コブナナフシ Datames mouhoti (Bates, 1865)

ひととおり灯下を巡り終え、ポイントAに向かう。



臭豆腐のビンを見ると、昼間はなかった大きな虫影が。瑠璃色に輝いている。

ヤクルリセンチコガネ
ヤクルリセンチコガネ Phelotrupes auratus yaku (Tsukamoto, 1958)
オオセンチコガネの屋久島亜種で、メタリックな青緑色に輝くのが特徴。
写真はフラッシュを焚いてるので真っ黒になってしまってるが実物はもっと美しい。
時期的に遅いかと思ったけど1頭だけでも採れてよかった。

夜間徘徊を敢行するが予想に反して全然虫がいない。昼間歩いた時はポイントBよりも良さそうな感じがしたんだけど...

カタボシエグリオオキノコ
カタボシエグリオオキノコ Megalodacne bellula Lewis, 1883
普通種らしいが初めてみた。

コブスジツノゴミムシダマシ
コブスジツノゴミムシダマシ Boletoxenus bellicosus (Lewis, 1894)
夜の倒木巡りの時はヘッドライトの光が虫に反射するのを頼りに探しているが、こいつは光を反射しないのでなかなか見つけづらい。

これくらいしか虫がいない。
クロギリスは小さな幼虫を1頭見つけたのみ(さすがに小さすぎるので採集はしなかった)。
昼間見つけたキイチゴがまとまって生えてる一角で片っ端から枯れ葉をルッキングしていくがヤクコブは見つからない。叩いて落ちないのは僕の腕が悪いからだろうけど、夜間のルッキングでも見つからないとなるともはやお手上げです...。

不完全燃焼なのでエナドリをキメてポイントBでの夜間徘徊を決行することに。せめてクロギリスの追加だけでも採っておきたい。

現地に到着したのは深夜5時

ヤクヒサゴゴミムシダマシ

ヤクヒサゴゴミムシダマシ
ヤクヒサゴゴミムシダマシ Misolampidius yakushimanus Nakane, 1968 は何頭か追加できた。



おはようございます、夜が明けました。

結局、昨日は幼虫も含めれば何頭もいたクロギリスは全く見つからなかった。暗くなってから割と早い時間に活動するんだろうか...。



9月26日

3時間ほど寝て目が覚める。昨日までバカみたいに寝てたのは何だったんや...
もうあんまり採集する気はないんだけど、臭豆腐トラップを回収するためポイントAまで向かう。



すげー霧。


臭豆腐のビンを回収するが、ヤクルリセンチの追加は入ってなかった。まーこの天気ではしょうがあるまい。

しかたないので昨日の個体を苔の上で撮影。

ヤクルリセンチコガネ

ド美しい。青い虫は正義じゃ。


トラップを回収したあとは、メガネ美人のお姉さんの店に行ったり(今日はやってたしお姉さんもいた♡)、温泉に入ったり、屋久杉自然館に行ったりした。



屋久杉自然館。
遠征中こんなに観光っぽいことするのは初めてかもしれないw


飛行機にも無事乗れて屋久島を後にしました。




さらば屋久島...

このあと帰りのバスがなかったので関空で一泊して鳥取に帰りましたw

初めての屋久島で勝算はなかったがヤクシマクロギリスは採れたし、一応ヤクルリセンチや各種ゴミダマも採れたので最低限の目標は達成といったところか...。採集地の情報を教えてくれたチャラきのこさん、ありがとうございました。
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << ライトトラップ 2015.11.5 秋の屋久島遠征記 前編 >>
Comment








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery