まれに虫を採ります。

ライトトラップ 2015.11.5
いつもの場所でライト。

ヒメクロオビフユナミシャク♂
ヒメクロオビフユナミシャク Operophtera crispifascia Inoue, 1982 ♂
ブナ食いのフユシャク。多分鳥取初記録になるんじゃないかな。
小さい個体と大きい個体がいて、大きいのは普通のクロオビかと思ったけどどちらもヒメだった。サイズにバラつきがあるんですね。次は♀を探しに来たい。

ウスゴマダラエダシャク♀
ウスゴマダラエダシャク Metabraxas paucimaculata Inoue, 1955 ♀
品の良い晩秋のエダシャク。♀は初めて見た。

ジョナスキシタバ
ジョナスキシタバ Catocala jonasii Butler, 1877
まだ生き残っているとは...この後も何頭か飛来したがそこそこ綺麗な個体ばかりであった。

コケイロホソキリガ
コケイロホソキリガ Lithophane nagaii Sugi, 1958
初採集のキリガ。ナイターではこれが一番嬉しかった。

ヤマノモンキリガ
ヤマノモンキリガ Sugitania clara Sugi, 1990
これも初採集。地色が明るいのでスギタニモンとは一見して違うとわかった。Sugitaniaはこれでコンプなので嬉しい。

テンスジキリガ
テンスジキリガ Conistra fletcheri Sugi, 1958
山地性のこにすとら。翅脈が白く目立って見えるのが特徴。

キマエキリガ
キマエキリガ Hemiglaea costalis (Butler, 1879)
点灯直後に多く飛来したがその後はほとんど飛来しなくなった。何度見ても良いキリガ。

カバエダシャク♀
カバエダシャク Colotois pennaria ussuriensis Bang-Haas, 1927  ♀
♀は灯火にはあまり飛来しないらしいが、今回は何故か♀ばかり10頭前後飛来した。

正面から。

カバエダシャク♀

かわいすぎ案件。

チャエダシャク♀
チャエダシャク Megabiston plumosaria (Leech, 1891) ♀
本種も♀は灯火にあまり飛来しない。こちらは1頭のみ飛来。

このほかはウスムラサキトガリバやオオトウウスグロクチバも飛来。シンジュキノカワガまで来たのには驚いた(mzkが採集したけど)。
同時に糖蜜も仕掛けたが、仕掛けた時間が遅かったためウスゴマダラエダシャクとホシオビキリガとキトガリが1頭ずつ飛来したくらい。

しばらくすると飛来する種類も固定されてきたので22時で撤収し灯下巡りへ...行こうとすると丸々と肥えたクマが飛び出してきてぶつかりそうになったりもした。
灯下巡りではフタキスジエダシャクやテングアツバが採れたが収穫は何と言ってもホソバオビキリガ。まさか鳥取で採れるとは思ってなかったので現地では自信を持ってホソバオビと言えなかったw これも鳥取初記録でしょうな。
| comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << 秋の蛾2015 秋の屋久島遠征記 後編 >>
Comment
何時も楽しく拝見しております。昨夜は,今年最後のつもりで「大万木」に出撃,ウスズミカレハ1♀,クシヒゲ4♂。気温6度でした。
Posted by: M.T.O |at: 2015/11/13 3:38 PM
M.T.O様
コメントありがとうございます。
今年も気づけば残すところフユシャクと越冬キリガくらいになって寂しいものです...。
Posted by: モス屋 |at: 2015/11/14 9:50 AM








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery