鳥取県在住のへなちょこ虫屋のブログ。

西表島遠征記2015初夏 後編
5月31日

少し仮眠して昨日と同じポイントAへ。同じようにベニボシを待つが同じように採れない。この二日間で数人の同業者に会ったがみんな採れてないつってたしこれは追加は厳しいかもなぁ...。

もちろん“““ヤツ”””のことも忘れてはいない。
二日目にカンビレーで見た時と、昨日チャラきのこさんが採った時の時間帯、それとたむらまろ君が採った時の状況を合わせて考えると、「ヤツは午後に○○の木に来るに違いない」と踏んで午後はポイントBで粘ることに。

立ち枯れを見ていくがモンキヒラタサシガメが採れたくらい。

モンキヒラタサシガメ
モンキヒラタサシガメ

“““ヤツ”””が来そうだと踏んでいたポイントまで来たとこで小雨が降ってくる。

やる気を削がれつつも待っていると、ついに“““ヤツ”””が姿を現した。

絶対に逃せないと思って完璧なモーションでネットイン!!




したはずが、網の中にヤツの姿はなかった...この状況で振り逃がすとかイモすぎでしょ...


もう戻っては来ないだろうなと思いつつも待ち続けていると、今度は近くの別の立ち枯れに飛来しているのを発見。
しかし網を振るのが物理的に無理なポジションで指をくわえて眺めているうちに飛び去ってしまった...

その後は待てどもヤツは飛来することもなく、16時を回ったとこで撤収することに...


足取りも重い帰路の途中、ベニボシいないかなーつって道の脇の倒木を見に行くと、絡みついたツルアダンの葉上に瑠璃色の輝きを見つけて叫び声を上げた。



ルリゴキブリ
ルリゴキブリ
なかなか狙って採れる種類ではないので苦戦したがようやく採れた。
撮るか採るか迷ったけど逃げられそうだったので今回は採るを選択しました。

これでひとまず今回の遠征の目的は達成...と言いたいとこだが“““ヤツ”””を落とすまでは帰れねえ.


車まで戻るころには雨も止み、ナイター日和のエロい天気に。

これは期待できそうだつって点灯するも、まもなく雨がざんざか降ってくる。

屋根のあるポイントに転戦しようつって車を動かすと、車の下にミクロレピの展翅板を避難させてるのを忘れていて轢いてしまう。

一瞬で鬱病になった。

この後雨は止んだが再点灯する気は起きず、ポイントAの駐車場まで移動してビールを飲んで寝ました...



6月1日

午前4時、ものすごい雨音で目が覚める。スマホで確認すると大雨洪水警報に加えて“““記録的短時間大雨情報”””なるものまで出ていた(そんなの初めて聞いた)。恐怖を覚えるレベルだったが次第に雨は弱まってきたのでもうちょっと寝た。

目覚めたのは9:00すぎ。ゴミを残して行くわけにはいかないので先日仕掛けたFITを回収に行く。案の定FITは大雨により溢れかえっていて、イブシキマワリとかムラサキエンマコガネが入っていたくらいだった。川が増水して渡れないかと思ったら意外と水量は変わってなかったのは助かったけど。

キマエコノハ
真っ昼間からキマエコノハが採れたのが唯一の収穫。
ド完品ではちゃめちゃ美しい。


午後は懲りずにポイントBへ。

ヤマダオオカ
ヤマダオオカ
この前より良い写真が撮れた。

昨日“““ヤツ”””が飛来したポイントまで一気に進んで待ち続けるが、昨日飛来した時間を過ぎてもヤツは現れず。
16時を回っても一向に現れないので今日はダメかと思って引き返すことに...


またしても重い足取りの帰路の途中、巨大な立ち枯れを見上げると、そこには果たしてヤツの姿が...!!!



長竿を目一杯に伸ばして力いっぱい振り抜く。












オキナワスカシバ
オキナワスカシバ
日本での正式な記録は7例しかない大珍品。
網を力一杯振りすぎてハゲてしまったが、これで心置きなく帰れる...
誰もいない西表の山奥で何回もガッツポーズしたw



晴れやかな気分で駐車場に戻ると、ツイッターのフォロワーのキュアターマイトさんと出会う。今夜はナイターをされるとのことだったので場所が被らないように話し合い、僕はいつもと同じポイントで点灯することに。
明日の最終便で石垣に戻るのでラストナイターである。


└(┐┘)┌コ点灯だァーーーーーーーーーーーー!!!!!!!(トゥルロロテッテレーwwwwwwテレテッテテwwwwテテーwww)wwwトコズントコトコジョンwwwズズンwwwww(テテロリトテッテロテテーwwww)

ライトに大量の羽虫が集まってるけど、これ、全部シロアリ。

幸いしばらくするとシロアリの飛来も落ち着いたが、別の場所でナイターされてたキュアターマイトさんのほうはこれが止まらなかったそう()

トビイロセンチコガネ
バナトラを見回ってたらブンブン飛び回ってる甲虫がいたからネットインしたらトビイロセンチコガネだった。
この後もう1頭追加したし何頭か飛んでるのもみたからこの時間に飛び回る習性があるようだ。


シロアリの飛来が収まると良さげな虫も飛来し始めた。


ジャンボトリバ
ジャンボトリバ

オオハグルマエダシャク
オオハグルマエダシャク

サビモンルリオビクチバ
サビモンルリオビクチバ

ミドリスズメ
ミドリスズメ
憧れだった緑色のスズメガ。
ちなみにライトに来たわけではなく近くをたまたま飛んでたのを採りました。

イワサキオオトゲカメムシ
イワサキオオトゲカメムシ
珍品と言われてるけど今回の遠征中毎晩と言っていいほどナイターに来てたし、数も少なくなかった。


今夜もカシュッとするやつをやって、就寝。




6月2日

西表最終日。
とりあえず採るものは採ったことだし、発電機の発送を済ませるのが最優先事項。

郵便局に向かう途中、オキナワチョウトンボが乱舞してる場所があったので車を停めてしばし採集。

オキナワチョウトンボ
オキナワチョウトンボ
美しい。
トンボは普段三角紙に入れたまま標本にしてるけどこれは展翅したいね。

さらに周辺ではイシガキシロテンハナムグリやタイワンキマダラなどのミーハー虫が色々採れた。
ずっと山に篭ってたけど平地も良いもんだね。

イシガキシロテンハナムグリ
イシガキシロテンハナムグリ

タイワンキマダラ
タイワンキマダラ

発電機を郵便局まで持ってくと、ゆうパックでは送れないとの返答。西表まで送るときはゆうパックで問題なかったのでブチギレそうになったけどしょうがないのでクロネコヤマトで送ることに。



午後はポイントBで最終決戦。


アサヒナアカマダラセンチコガネ
アサヒナアカマダラセンチコガネ
昨日仕掛けていたFITに入っていた。欲しかったやつなので嬉しい。ほかはムラサキとトガリエンマコガネが多数入っていた。



オキナワスカシバの追加を狙って御神木で待っていると、今回はものの数分で飛来。



オキナワスカシバ

オキナワスカシバ

一応生態写真も撮れて満足。ネット上に生態写真が上がるのは初めてだと思われます。

撮っていると逃げられたが、幸いまた戻ってきたので今度はネットイン。

オキナワスカシバ
最初に採った個体より大きいうえにド完品。感無量だ...




完全に満足して帰途に就く。


途中前回ルリゴキブリがいた倒木を見に行くと、



ルリゴキブリ
ルリゴキブリ
またいるとは...
近くの葉を見るとなんともう1頭が止まっていた。近くに発生源でもあるんだろうか...




さらにさらに、別のツルアダンに赤い影を見つけて瞬時に手が伸びてしまう。





ベニボシカミキリ
ベニボシカミキリ
最初に採った♀より一回りもデカい♂。
最終日マジックという言葉が脳裏をよぎる。


最初にオキナワスカシバを採った立ち枯れまで戻ると、そこには果たして今回もヤツの姿が.......これも難なくネットインしちゃった。


最終日マジックにしては出来すぎてるし、このあとど〜なっちゃうのぉ〜???wwwwww

絶対に無事故で帰るべく細心の注意を払いつつ車まで戻る。

まだ少し時間があったので海岸近くでヒメスジシロカミキリを摘んで、港に向かう。


ヒメスジシロカミキリ

余裕たっぷりの時間でレンタカーを返却し、石垣行きのフェリーに乗り込む。
あとは石垣でうまいもん食べて、カタモンビロウドカミキリをちょろっと探して帰るだけや。

石垣に着いたらちゃちゃっとレンタカーを借りて、春に目をつけておいたカタモンビロウドのポイントへ。



...........が行く手を塞いでるんですけど。

既に辺りは暗くてしばし立ち往生したが、勇気を出してバックして戻ることができた。

思わぬタイムロスじゃ...

しかし悲劇はこれで終わらない。

自分で目をつけてた場所がダメだったので、チャラきのこさんに聞いていたポイントへ向かうが、真っ暗でなかなかポイントが見つからず、ほっそい脇道に入ってしまう。おまけに先は行き止まり。どうしようもなくバックで引き返してると、ガリッというイヤーーーーーな音が。

......完全に戦意が喪失した。



うまいものでも食べないとやってられねえんじゃ...


翌朝目覚めると多少メンタルが回復していたのでカタモンビロウドのポイントへ。明るくなっていたので今回は無事にポイントまで辿り着けた。
昨日車を擦ってるんだから何が何でも採っておきたい思いでカラムシを片っ端から見ていくがカタモンビロウドは一向に見つからず。それっぽい食痕らしきのはあったんだけど確信はもてず...

飛行機の時間もあるので1時間ほどで諦め空港に向かうことに。

ここで車の方向転換のためにバックしてるとゴツッというイヤーーな音が...確認してみると後ろのバンパーが盛大に凹んでいた。

......死にたい以外の感情を失った。

これまで脱輪はしたことあってもぶつけることは一度も無かったのに立て続けに起こるし、何か見えない大きな力を感じる...()
最終日マジックの代償としか思えないんですが...


こうして最後に安定のコンテンツ力を発揮して5月の西表遠征は幕を閉じ、レンタカーの修理代として45kが飛んでいったのでありました。ちゃんちゃん。
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << 2015年振り返り 西表島遠征記2015初夏 中編 >>
Comment








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery