まれに虫を採ります。

八重山遠征記2015春 中編
めっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっちゃ間が空きましたが春の八重山採集記の続きです。
前編はこちら


3月27日

西表最終日だけど,前日のナイターがフィーバーだったのでその疲れもあって爆睡。

起きたら安定の昼前。




てか,そんなことより.







メガネ壊れてるんですけどwww



マジイミワカンナイ...

こういうこともあろうかと替えのメガネ(えらいでしょ)を装着して林道に向かう。
吹き上げに着くと、朝から入っていたmzkはすでにオオヒゲブトを採集していた。僕も是非とも西表ラベルが採りたいとこだが結局採れずタイムアップ。

石垣に向かうため港に向かうが、思ったより時間がギリギリで、まーいろいろとゴタゴタして...話が長くなるので省略します!w

んで、石垣に着くと雨がザーザー降りで採集どころじゃない。
替えのメガネがあると言ってもとても度が低いのでやむなく新しいメガネを作ることに。完全に想定外の20kの出費となった(石垣まで来てメガネ新調するとは思わなんだ...)

その後も雨は止む気配がなかったので今日は採集は諦め宿をとることに。今回の遠征で初めてのシャワーを浴びたり昨日のナイターで採集したミクロを展翅したりして寝た。宿の人にもらった島バナナがとてもとてもおいしかった。



3月28日

晴れの予報だったので早起きしてオオヒゲブト山へ。早めに場所とっとかないと良い場所なくなっちゃうからね。

とりあえずぼきは去年ヒオドシハナを採ったポイントに陣を構えることに。

予報通り晴れてきたしいいコンディションだ!


..........



オオヒゲブト飛びません( ^ω^)・・・



明日以降チャンスはまだあることだし、石垣に戻ってきているフォロワーのかににゃんをナンパして声をかけて一緒に採集行くことにしてたから迎えに行かないと♡

石垣港でかににゃんを拾って、ムネウス林道へ。
mzkとかににゃんと3人で林道を歩いていくが特にこれといったものは採れず。
かににゃんは思うことがあるらしく、「石垣では絶対採集しない」つってたのに最後の最後で「蝶がいるのが悪いんですよ」とか意味不明な供述をして網を取り出して林道を駆けていったのがサイコーにおもしろかったです(ワラ
余談ながらかににゃんはかわいくて良い子だったので僕はナンパしたくせして終始キョドっていました(ワラ

ヤエヤマオオコウモリ
ムネウス林道のヤエヤマオオコウモリ。

かににゃんを空港まで送って(途中クジャクが飛び出してきてむちゃ驚いた。野生化してるってマジだったのか...)、オオヒゲブト山でナイター。
ナイターではこれまたフォロワーの蛾屋たむらまろ君と合流。


└(┐┘)┌コ点灯だァーーーーーーーーーーーー!!!!!!!(トゥルロロテッテレーwwwwwwテレテッテテwwwwテテーwww)wwwトコズントコトコジョンwwwズズンwwwww(テテロリトテッテロテテーwwww)

わざとぼかしてるけど、手前がmzk、奥がたむらまろくん。

月齢が進んで気温も低く飛来は低調ながらも、コブヒゲシロモンノメイガとかネウスシャチホコとか良い蛾がポツポツ来るので結局朝まで点けていた。

ナントシャチホコ
ナントシャチホコ
深夜に飛来して、たむらまろ君と二人でテンション上がってた横でmzkはよくわからなそうな顔をしていた。
(このときはテイキチシャチホコだと思ってたのは内緒♡)


3月29日


ナイターしてたら夜が明けたの図。

春の八重山にしては珍しく雲ひとつない快晴。これ以上ないくらいのオオヒゲブト日和だ。
日が昇って気温が上昇してくるとハナムグリがブンブン飛び始めるが、ネットインしてもアオヒメハナムグリばかり。

それでもようやく、

オオヒゲブトハナムグリ♂

オオヒゲブトハナムグリ
オオヒゲブトハナムグリ♂

西表で採れなかったぶんの挽回をしたいとこだが結局3♂しか採れず、しかもどれも去年採ったのと同じ色だった。
まーそれでも採れて良かったーと思ってたところ、別の場所で陣を張っていたmzkからLINEが。

開くとマツダクスベニの写真。


一瞬で鬱病になった。

オオヒゲブトどころじゃねえ...

その後は正午過ぎまで粘ったが気温が上がりすぎたのか何も飛ばなくなったので撤収し、ムネウス林道に向かう。

mzkはせぐちさんとムネウス山に登っていったが僕は徹夜ナイターからのオオヒゲブト戦で体力を使い果たしていたので車で爆睡。
しばらくして目が覚めるも、mzkは戻ってきてなかったので去年ムネウスを採ったあたりのヤンバルアワブキを片っ端から掬っていくがムネウスは採れず。

んで、今夜はムネウス林道でナイター。今回もたむらまろ君が一緒です。

ムラサキトガリシャク
ムラサキトガリシャク
亜科レベルで初物。シャクガにはあまりエロさを感じないがフトシャクはエロいと思う。

ナントシャチホコ
ナントシャチホコは今夜も飛来。やっぱり深夜遅くだった。


ヤエヤマクリイロコガネ
ヤエヤマクリイロコガネ
ナイターの合間に林道を徘徊していると路上に何頭か落ちていた。


シロアリモドキ
さらに夜明け前にはシロアリモドキまでご来店されていた。これは目レベルで初見(笑)


3月30日

今日も早朝からオオヒゲブト山へ。

正午過ぎまで粘るも今日はオオヒゲブトすら採れず。

なんかデカくて堅そうなベニボタル()が飛んできたのもつかの間、すぐに視界の隅へ消えていったくらいですかね。

...とてもつらい。


夜もオオヒゲブト山でナイター。
最初はエロい天気で期待していたが点灯直後からどんどん風が強くなり幕は真っ白()

イブシギンウワバ
イブシギンウワバ
名前からして渋くて良い蛾。

ヤノヤハズカミキリ
ヤノヤハズカミキリ

キイロムカシオオベッコウ
キイロムカシオオベッコウ

めぼしいのはこんなもんで、あとはリュウキュウコノハズクが目の前まで飛んで来てむっっっっっっっっっっっっちゃビビったくらいですかね。


3月31日

三日続けてオオヒゲブト山に行っててさすがに飽きてきたので今日は別のポイントへ。

オオヒゲブトすらロクに採れんし、普通種でいいから“““採れる”””採集がしてえよ〜〜

周辺を適当にスイープしながら歩いていくと、





ハコガメだ!!
八重山三度目にして初めて見たのでかなり感動。
よく見ると片目がつぶれていた...

虫の方はというと、

ヤエヤマナガハナアブ
ヤエヤマナガハナアブ
どちゃくそかっこいい大型のハナアブ。
去年の3月と9月に一度ずつ遭遇してるがどちらも逃げられていたので嬉しい収穫(のちに普通種だということを知る...)



かみきり。
ヤエヤマモモブトコバネ、イシガキリンゴ、イワサキキンスジ、どれも初採集。
やっっと良いカミキリがとれた。

ほかにも雑甲虫がポロポロ採れたりしてそれなりに満足できた。


ナイターも別の場所でやろうってことで、東部の某山へ。


ロケーション。

点灯するも、このころから僕の体調がどんどん悪化していき、ナイター中ほぼずっと車の中で死んでいた始末...
フルで使えるのは明日明後日しかないのにつらすぎるでしょ...


明け方近くに目覚めて幕の様子を見に行くとこんなものが。


ヒメフチトリゲンゴロウ
ヒメフチトリゲンゴロウ
ウェイwwwwwwwwwww
まさかこんな山中で来るとは思わなかったし熱で幻覚でも見たのかと思ったw

しかし体調は相変わらずなので夜が明けるまでもう一眠りした。

後編へ続く
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << 八重山遠征記2015春 後編 2016年鳥見初め >>
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery