鳥取県在住のへなちょこ虫屋のブログ。
たまに野鳥も。

3年ぶりの隠岐

長野の記事と順番が前後しますが,今年のGW前半は3年振り二度目となる隠岐に行ってました.僕にしては珍しく()全日程が天気良く,狙っていたものも採れ,本業のヒゲナガガに関してもいくつかの生態的な知見を得られたので有意義な遠征でした.

ケブカヒゲナガ

ケブカヒゲナガ
ケブカヒゲナガ Adela praepilosa の♂と,そのスウォーム(群飛).


サッポロヒゲナガ

サッポロヒゲナガ
サッポロヒゲナガ Nemophora sapporensis (?)の♂と,そのスウォーム.

とあるポイントではこの二種のヒゲナガが,目線の高さからそれよりも下の高さでスウォームしていたので4日間通って観察・撮影してました(飛翔写真は没写真を量産するだけに終わりましたが...)
このようなポイントは中々ないので来年のGWもまた行きたいところです.


隠岐の固有種(亜種)たち.

オキマイマイカブリ
オキマイマイカブリ Carabus blaptoides brevicaudus
ナイター中に路上を歩いている個体が何頭か見られた.前回行ったときは採れなかったので嬉しい収穫.

オキオサムシ
オキオサムシ Carabus  daisen okianus
ダイセンオサの亜種のくせに赤くて美しいオサムシ.PITも一応仕掛けてたんですが入ってたのはこの1頭のみ...


オキサンショウウオ
オキサンショウウオ Hynobius okiensis の幼体.とてもかわいい.
林道脇の水路にいるのを同行していたmzkが見つけてくれた.

ちなみに,ナイターでは隠岐どころか中国地方からの記録がない某蛾を狙ったのですが,食草を同じくする別の蛾は飛来したものの惨敗でした.ナイターした全夜が快晴で,放射冷却により気温が下がってコンディションが悪かったからなのか,それともやっぱりいないのか.この時期の隠岐はまだまだやるべきことが多そうです.
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << 白バック写真の撮影法 信州の春蛾たち >>
Comment








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery