まれに虫を採ります。

クロミャクノメイガ

 

草原を歩いているとヨモギの穂を綴っている幼虫がポツポツ目についた。開いてみると、現在研究室で累代飼育中の見覚えのある幼虫が這い出してきた。野外ではこんな感じでおるんですね。肝心の幼虫は速攻で落下し虚無と化したので写真はありません...

 

2018年9月、山口県

| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << チャバネアオカメムシ ギンヒゲナガ >>
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery