ノメイガとヒゲナガガ

ハイイロオオエダシャク幼虫

 

静止した姿はあまりにも枝。

 

 

Bistonの例に漏れないウサギ顔であまりにもかわいい。

 

図鑑によると広食性らしく、ネット上にはカエデ類との記述が多いが、そのへんから調達可能な木本を何種か与えた限りではカエデ類よりもクマノミズキに最も良く食いついていた。広食性と言われている種でもいろいろ試してみることが大事なのだなとおもいましたまる。

| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << ホソミスジノメイガ クマスズムシ、クツワムシ >>
Comment








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery