ノメイガとヒゲナガガ

ホソミスジノメイガ

 

ホソミスジノメイガ Patania (旧Pleuroptya) chlorophanta (Butler, 1878) ♂

 

普通種ながら「The ノメイガ」といった感じのすっきりした斑紋で、わてくしは好きですね。

ノメイガ界きっての広食性で、幼虫はキリ(ゴマノハグサ科)からハクウンボク(エゴノキ科)に至るまで、木本ならなんでも良いんじゃないかってくらい多種の葉を巻いて食べる(これまで報告のないfamilyの樹木数種からも幼虫を見つけているのでさっさと投稿しないと...)。

ちなみに、画像検索するとヒロバウスグロノメイガやらクロヘリノメイガやらクロミスジノメイガやらなんで間違えるのか理解に苦しむ誤同定の画像がたくさん出てくるので注意が必要です(みんな蛾の成虫写真4も明らかにヒロバウスグロノメイガの誤同定)。

| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << 罫線つきパラフィン紙 ハイイロオオエダシャク幼虫 >>
Comment








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery