ノメイガとヒゲナガガ

ウラグロシロノメイガの論文

Joshi, Neelendra K.; Biddinger, David J.; Fleischer, Shelby; and Passoa, Steven (2013) "First Report of the Adventive Species Sitochroa Palealis (Lepidoptera: Crambidae) in Pennsylvania and Its Attraction to the Sex Pheromone of the European Corn Borer, Ostrinia Nubilalis (Lepidoptera: Crambidae)," The Great Lakes Entomologist: Vol. 46 : No. 1 , Article 6.

 

ウラグロシロノメイガをペンシルベニア州で初めて記録すると共に、ヨーロッパアワノメイガの合成性フェロモンへの誘引記録を報告。ヨーロッパアワノメイガには性フェロモン成分の比率に多型が見られ、11-tetradecenyl acetateのZ/E体が97:3のものと同1:99のものの2つのレースが存在するが、ウラグロシロノメイガが誘引されたのはE体のもののみだったらしい。

| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << ミナミウコンノメイガ クロスジノメイガ >>
Comment








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery