まれに虫を採ります。

ねんまつつまんね(回文)

通常営業すぎて年末感が無いのだけど、いちおう今年も一年を振り返っておきたい。

 

1-3月

修論&学会発表でヒゲナガ尽くしだった。ド鬱になる案件もいくつかあったが何とか形になったのは良かった。しかし論文化するにはまだまだやらなければいけないことが多いので体がもう一つほしい。

 

4-6月

晴れてdoctor course studentになったのは良いが、ハイシーズンなのに英語のセミナーやら集中講やらで思うように動けず歯がゆい思いをした。特に修論に続くAdelaのデータがとれなかったのは悔やんでも悔やみきれない。採集に出た回数こそ少なかったものの近場ではよいむしがいくつかとれた。

 

7月

今年初の遠征で北海道へ。srsjkrmnを始めとする北のノメイガやヒゲナガが採れて良い遠征だった。

 

8月

2度目の遠征で長野へ。最低限必要なノメイガは採れたが他は天気が悪すぎてゴミだった。

 

9月

飼育中のノメイガの種数が前人未到の40種超に達してしぬかと思った。中旬は六虫会で山口に出向いたが成果はいまひとつ。

 

10月

身内の不幸があったり自身が腸炎で寝込んだりで良いことがなかった。

 

11-12月

ただただ実験していた。

 

 

今年から文字通り「ノメイガで飯を食う」ようになったのだけど、今年新規で採集できた種は3種に留まり、新たに幼生期を解明できたのも一種もおらず、不甲斐ない以外の言葉がない。大量飼育と展翅が上手くなった点だけは評価したい(ワラ

 

実験の方も、学会発表のネタに困るくらいには何も形になっておらず、ただ闇雲に手を動かしていただけの感が強い。

 

書いてるうちに暗澹とした気分になってきたのでこのへんでやめにします。皆様においては良いお年をお迎えください。

| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << ツマキホソハマキモドキ ミナミウコンノメイガ >>
Comment








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery