まれに虫を採ります。

ツマキホソハマキモドキ

あけましておめでとうございます。新春らしくきらびやかな虫を貼っておこうと思います。

 

ツマキホソハマキモドキ Lepidotarphius perornatella

 

日本産ホソハマキモドキ科の最大種で、極めて美麗の一言につきる。

かねてから採りたいと思っていたが昨年ようやく採ることができた。この個体は灯下に飛来していたが、日中にホストであるショウブの周りを飛び回るらしいので次はそのシチュエーションで出会いたい。

 

軽くggってみると、近年アメリカでも発見されたらしく、ショウブの移入に伴う外来種ではないかと推察されている(Kyhl Austin・Vazrick Nazari・Jean-François Landry・Stephen R. Johnson, 2017.  Lepidotarphius perornatella (Walker, 1864) (Lepidoptera: Glyphipterigidae) new to North America. News of The Lepidopterists’ Society, 59:182-184)。

| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << つらい ねんまつつまんね(回文) >>
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery