ノメイガとヒゲナガガ

オオウスグロノメイガ

オオウスグロノメイガ

 

Bradina属は外見が似通っていて紛らわしいが、本種は他種より一回り大型なので辛うじて区別できる。

標準図鑑によると本州では少ないらしいが、らくだ県では時期さえ外さなければ(7月上旬〜7月下旬の2週間程度)比較的普通に見られる。

どうにもBradinaには食指が伸びなくて昨年はスルーしたが、やっぱり採卵飼育しておけば良かったと今になって思っている。

| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << 初フィールド ヒメクロミスジノメイガ >>
Comment








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery