ノメイガとヒゲナガガ

オオウスグロノメイガ

沖縄滞在中はオオウスグロノメイガ Bradina erilitoides の発生がピークだったようで、ダムの灯下にはおびただしい数の本種が飛来していたし、昼間に林縁を叩けば、飛び出すノメイガの9割くらいが本種だった。鳥取では夏場の短期間だけ一度に発生するが(過去記事参照 http://mothra.izumoga.com/?eid=271)、南西諸島でもその傾向があるのかもしれない。

それにしても、ランタナみたいな派手な花に止まっていると「虫が花に負ける」典型みたいな写真になってしまうのがかなしい。

 

2019年4月、沖縄本島

| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << ナミエガエル ウスバキンノメイガ >>
Comment








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery