ノメイガとヒゲナガガ

学内ノゴマ

19日の早朝、ラボに向かっていると見慣れないシルエットの小鳥が茂みに飛び込むのを発見。あいにく双眼鏡もカメラも持ち合わせてなかったが、朝陽を受けて喉元がルビー色に輝いていたので一瞬でノゴマと分かった。こちらでは久しぶりのライファー(もはや何種見たか数えるのもやめてしまったが)。初見の鳥を見つけて時間が止まったような感覚を久しぶりに味わうなどした。

| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << ヤンバルクイナ ヤクシマドクガ >>
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery