ノメイガとヒゲナガガ

奥出雲町灯下採集2012.9.1〜2
 島根に帰省したその日は、早速採集に行くことに。
雨が心配だったが、何とか天気は持ちそう。と言うか、平地は曇りで月明かりも通さず、このまま天気が持てば今夜は大収穫が見込める・・・・
はずだったのが、目的地に近づくにつれてどんどん雲が無くなっていき、ついには快晴になって満月が眩しく輝く...


向かう途中のポイントでは、初見のカギバイラガやウスキシャチホコなんかを採集するも、特にこれといった蛾はいない...。

目的地に到着すると、この時期ならすごい数の蛾が集まっている水銀灯のはずが、ほとんど蛾がいない。どうも雨が降っていたようで、下草が濡れていて、蛾はほとんど止まっていなかった...。
テンション下がりまくりの中、街灯脇の木を掬っているとナカスジシャチホコが入る


ナカスジシャチホコ
この悪条件でこんな蛾が採れるのはこの場所ならではかもしれない
初見のタカムクシャチホコも飛来するが、落ち着きがなく撮影はできなかった。


ここでもスギタニシロエダシャクが多い。


初見の、無印クルマアツバ
すっきりしたデザインが好ましい


マエウスモンキノメイガ
普通種のノメイガでも、交尾は中々見られない。


スジエグリシャチホコ
シャチホコの交尾も初めて見た。


ネグロトガリバ
山地性のトガリバ。ここでは多い種類だが、この夜は1頭のみ。


キバネモンヒトリ
かもしれないが、スジモンとの明確な区別点がわからないので保留。。


ベニシタヒトリ♀
今まで♂しか見てなかったので別種かと思った。。

途中で眠気の限界が訪れたが、メガシャキを飲んで乗り切った(笑)
初めて飲んだけど、結構効くもんですね(笑)
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << ヤママユ個体変異 氷ノ山2012.8.29 >>
Comment








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery