ノメイガとヒゲナガガ

テングアツバ

 雪と寒さが一段落した12月15日、自転車を漕いでいると周辺視野に変な形の落ち葉が・・・いや、落ち葉じゃない・・・!!


テングアツバ
非常に特徴的なルックスの蛾で、見るのは2度目。
島根ではレッドデータ掲載種だが、鳥取では記録があるのか不明…。


横から。とても平べったく、まさに枯れ葉。。
これを自転車で走りながら見つけられたのは我ながらすごいと思った(笑)


正面顔。やっぱり異型。。



同じ日に、チョウセンカマキリもまだいた。これも自転車漕ぎながら発見...w
しかし積雪10センチ以上が続いた後にもまだ生き残っているとは(゚д゚)
遅い記録として標本にしようとすると、中からハリガネムシを発見・・・!
なるほど、それで遅くまで生き残ってたのかな。

| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << 探索記 2012.12.16 もふ充 >>
Comment








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery