鳥取県在住のへなちょこ虫屋のブログ。
たまに野鳥も。

糖蜜採集&フユシャク探し 2012.12.16
 前回の続き。

オサ掘り・朽木崩しでほとんど成果が無いまま夕方になったので、朝の場所に戻って糖蜜をすることに。
朝から運気が右肩下がりなので、糖蜜でなんとか挽回したいところですが、一周目は何もおらず、二周目でようやくハネナガモクメが1頭...

でもここから持ち直しましたw


ゴマダラキリガ
人生2頭目が朝に採れた後、早くも3頭目w
さらにこのあともう1頭追加できました\(^o^)/


キマエキリガ
今回一番嬉しかった蛾。人生二度目の出会い・・・


カッコよすぎる・・・(;´Д`)ハァハァ

明かりにも蛾が少し飛来。


カバエダシャク♂
晩秋というより、初冬のエダシャク。
前翅に2本のまっすぐな線があったり、先端に白点があったりして分かり易い。


クロモンホソコヤガ
ヤガ科の中では最も小さい部類。
今までの経験上、成虫越冬は確実だと思ってます。

帰り道、以前から目をつけていたポイントでフユシャクを探す。
小川沿いの桜並木で、それに沿って並んだナトリウム灯にフユシャクが少しだけどついていた。


今年初のシロオビフユシャク♂


クロテンフユシャク♂
平地で12月に見たのははじめてかも。。
このほかにも数頭がみられた。


チャバネフユエダシャク♂
ホルスタインと呼ばれる♀には先日出会ったが、ようやく♂にも出会うことができた(`・ω・´)b

フユシャクの♀を探すために桜の幹を見回ると、ところどころに黒い塊が・・・


ヨコヅナサシガメ幼虫
これだけ固まってるとさすがにきもい(笑)

フユシャクの♀は結局見つからず・・・
まー♂の出始めだからまだいないのかな(´・ω・`)
ってことで帰宅したのは22時。家を出たのは朝8時だったから、約14時間もフィールドに出ていたことになりました。疲れたーw
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Entry Navi: << 終末の日 探索記 2012.12.16 >>
Comment








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< December 2014 >>

Entry

Category

Comment

Archives

Feed

Twitter

counter

アクセスカウンター
みんなのブログポータル JUGEM

Search

Recommend Gallery